毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

テレビをメルカリで売ってNHK解約した

夏前くらいの話なんですが、約10年以上付き合った37インチの東芝REGZAとさよならをしました。

ゲームをしたりプライムビデオを見たりと、正直よく使っていたのですが、いかんせん10年以上前の代物。壊れてしまったら処分の手間がかかるだけだぞ、ということで、まだ動いている間に売ってしまおう、と。

テレビ本体の処分はメルカリで行いました。正直二束三文にもならないと思っていたのですが、メルカリで粗大ゴミ出す感覚で試しに売ってみたらいいのでは、と出品してみたところ、引き取りにきてくれること前提で3,000円ほどで引き取りにきてくれる方が。処分に数千円かかるどころかCD1枚分くらいもらって引き取ってもらえるなら万々歳です。転売屋の温床だったりで色々悪評もあり、自分もあまりいい印象を持っていなかったメルカリですが、使い所さえ間違えなければ至極良いサービスと感じました。いやーありがたい。

売却が決まったところで、NHKに解約の電話をしてみたのですが、窓口の人曰く「テレビを手放した後でないと受け付けられない」とのこと。めんどくせえぞNHK。

pid.nhk.or.jp

というわけで、テレビを引き取ってもらった後、即座にNHKに再電話しました。すると今度は、解約担当の部門から折り返し電話があるとのことで一旦電話終了。後日と聞いてたんですが、当日中に折り返し電話いただきまして、そこはNHK優秀だなと思いました。で、その担当の方曰く、「売却、もしくは処分した証明がいる」とのこと。メルカリにそんなものないし、引き取り主の方の連絡先など知らないぞ、と思ったのですが、買い手の方との売却までのスクリーンショットを印刷すればそれで良いとのことでした。要は「うちにテレビがない」を証明できればいいわけですね。

で、解約用の書類は別途郵送していただけるとのことで、必要事項に記入をして、プリントアウトしたメルカリやりとりと一緒に返送すれば良いとのことでした。書類が受理されたら、郵便小為替で受信料の残額は返金いただけるとのこと。そこは口座振り込みじゃないんだNHK……。

しばらくしてから小為替と解約が完了した旨の連絡が届き、これにてNHKの解約完了となりました。またテレビを買うまでは受信料を払わない生活と相成りました。面倒臭さこそあれど、自分が思っていたよりはスムーズに解約ができた印象です。

なお、同じくテレビを手放した同僚氏曰く「連絡してから結構経つのに、未だに解約の連絡こない」とぼやいてたので、もしかしたらスムーズにいかないこともありそう、なのでそこはプッシュしてったほうがいいかもですね。

個人的にはNHKのニュースが情報源だったり、割とNHKはよくみていたので、受信料を払うこと自体に抵抗はないのですが、とはいえ「見れないのにお金払う」は流石に、なので解約した次第で。またライフスタイル変わってテレビを買うことになったら契約するかもしれません。