毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

住宅ローン(フラット35)審査通りました

とある方面から進捗を書けと言われたので書いております。

住宅ローン、ワイド団信がNGだったため団信が必要な住宅ローンは全てNGになり、最後の希望の綱となるフラット35を申し込んだ、というのは先日書いた通り。

blog.skip-f.net

そもそもフラット35とは何かというと……って説明できるほど自分も詳しくないのですが、銀行や金融業者と公庫(国)が提携して提供する公的な固定金利の住宅ローンという感じだそうです。詳しくはWikipediaを参照されたし。

フラット35 - Wikipedia

現状の情勢だと銀行系の住宅ローンの方が圧倒的に金利が安いのですが、団信なしでも加入ができるため、わたくしのように健康不安があって団信に入れない人にはありがたい選択肢となりうるわけです。他にも国の制度でもあるとか、固定金利だとかでフラットにする人もいるようですね。

とはいえフラット35の融資対象には色々条件があるらしく、例えばバリアフリーとして浴室に手すりがついてるかどうかとか、断熱性に優れていてエコだとか見たいな基準を満たしている必要があるそうで。どんな家でも借りれるわけではないようです。

あと、融資額も購入金額の9割までと決まっているそうで、1割分は持ち出し前提となっています。その1割分を持ち出さなくてもいいように、金融機関は独自の金利で1割分だけの融資とかも行っていたりします。イオン銀行の「イオン【プラス】」や「ARUHI フラットα」などがそれにあたります。他、頭金に困る人のために先行してお金を貸してくれる「つなぎ融資」なるものもあるそうで、色々ちゃっかりしてるなあと思ったり思わなかったり。

今回は、不動産屋さんの紹介で、上で少し触れたARUHIさんに審査をお願いしました。申し込んだのはフラット35と、前述のARUHI フラットα。金利面では圧倒的にイオン銀行さんだったのですが、ARUHIさんの審査がかなりスムーズだということらしいので、そちらにで進めることになりました。あと、申し込みの時に店舗がお休みにもかかわらず、店長さんがわざわざ近くのカフェまで出張ってくれて手続きしてくれたのも大きかったです。あと地味だけど返済銀行口座を選べるのも大きいなと。

で、ありがたいことにフラット35の審査通ったという通知を先日いただきまして、わたくしでっかい借金を背負うことが確定した次第でございます。正直今のところ嬉しい気持ちよりも不安の方が強いです。35年ローンなので私その時75なんですが。怖いよう。

前述の通り団信つけてないので、こっから生命保険どうすっかなーとか、住宅ローン控除やらすまい給付金やらの手続きもしないとなーとか、契約してお金払う前も後もすること山積みでだいぶぐんにょりしてますが、後に引くのもシャクなのでこのまま進んでやろうと思います。

とはいえまだ「金貸してくれそう」くらいの段階なので、どんでん返しあるかもしれませんが、ひとまず前進、ということで。