毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

続・部屋探し

今の部屋に越してからまだ1年も経たぬうちに、新たな部屋探しを始めたのはすでに書いた通りで。
次に引っ越す場所を終の棲家とすべく、色々長期的な視点で計画立てている最中でございます。
もちろん分譲ともなりますと、それなりのお部屋代がワタクシの背中にのし掛かってくるわけでして。
現実にたぬきローンねえかなぁ、なんてことを夢想してしまったりで。
コンビニでファミチキ買うとか、ヨドバシで新型Mac買うとか、そういうのとは異なった次元のお買い物になってくるわけです。
次元というかほんとにレイヤーが違う感覚。出どころは同じはずなんだけど、全く別のお財布がそこにあるような感覚に陥っています。
まあまだ全然契約に進んでないんですけれども。

で、先日書いた通り別の不動産屋さんに行ってきたのですけれども、まあこれが最初に行ったところと打って変わって、愛想はいいわ、ちゃんとヒアリングもしてくれるわ、状況に応じた提案をしてくれるわで、ちょっと進める自信が湧いてきたりしたわけです。
そんなこんなで仕切り直しの部屋探し、初日にいきなり3件見るというなかなかのハードワーク。
うち1件は当初こちらから見繕っていたマンション。
先方提示の2件、かなり綺麗なリフォーム済みですごく惹かれたんですが、場所だったりネット環境だったりが万全ではなく、決め手に欠ける感じで。
部屋自体はすごく良かったので「まあ自分たちが迷ってる間に他の人が決めるだろうな」と。

で、自分たちで見つけた物件も見て、これも悪くはなかったんですが、正直「先に見たところの問題点は解決できているけど、部屋自体は不動産屋さんが見つけてくれたところの方が良い」という感じで。
まあプロはちゃんとした部屋探ししてくれるなあと感心するばかりでございました。

結局この日はこれで終わり……ではなくて、もう一件。自分たちもネットで見つけて気にはなっていた場所を、不動産屋さんサイドも紹介しようとしてくれていたらしくて、せっかくなのでそこも見てみたい、ということで急遽そちらも見ることに。

f:id:Borom:20210816204451j:plain

で、追加の物件を見てみましたらば、これが良い。
所々古さは感じるものの、部屋は広いわ、設備自体はリノベされてて綺麗だわと文句なし。
食洗機や浴室乾燥機もついてる、収納も多い。今の家賃以下でこの部屋住めるならありがてえ……ということで、一旦この部屋を進めることになりました。
不動産屋さんから今後の段取りについて色々伺ってから、その日は撤収。
まさかの初日で分譲物件を決めてしまうということになるとは。
人生わからないものですね。

 

……そう思っていた時期が、ぼくにもありました。

帰宅して、Google Maps先生をみながら、一番近いスーパーはどこだの、近くに住んでる友人の家へのルートはどういけばいいだのを色々調べているときに、不動産屋さんから連絡が。
聞けば、なんと先ほどの物件、内覧に行ったその日に、他の人との契約が決まってしまったとのこと。
どうも分譲物件というやつは、他の人が購入確定するまでは、契約進行中であっても内覧とかはできるらしいんですね。
なんということだ。作戦の練り直しではないか。

結局その日はGoogle Maps先生に退場いただき、再びSUUMOとにらめっこしつつ夜を過ごしたのでした。トホホ。