毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

歩きすぎ注意報

昨日から何度目かわからない緊急事態宣言かっこわらいが発出されたわけですが、大阪もちろん感染者数は増加しているわけでして、昨日もクラスターのニュースがあったりで、ヒヤヒヤしながら日々を過ごしとるわけですが。
とはいえわたくし、会社の指示でかれこれ1年以上在宅勤務を続けております。
なんだったらコロナ明けてからも在宅メインでええよっていうお達しが出ていたりしまして、コロナきっかけとはいえ、働き方改革を実現した会社で働けてるのはありがたいことでございます。

在宅メインなもんで、通勤時間0になり、唯一困ったのが運動量の低下。昨日のブログでも書きましたが、Apple Watchに心配されるくらい体力が低下しております。ただでさえ虚弱体質なところに運動量削減するとどうなるかっていうと、人間ほんと面白いくらい体力が減るんですよね。通勤の運動量って案外バカにならないんだな、と実感した次第です。

さて、今日は通院日でしたので、梅田まで出かけなくてはなりません。
しかし、緊急事態宣言が出ているくらいは感染者が増えている中、混雑する時間の電車にはあまり乗りたくないものです。
それに加えて、ここしばらくの慢性的な運動不足。
どうするかというと答えは一つで、自宅から梅田まで片道約1時間、歩いて往復してきました。

久々に万超える長距離を歩いたせいで、足の親指に肉刺ができてしまい痛い痛い。おまけに、Apple Watchに心肺機能が低下していると言われているにもかかわらず、外ではなるべくマスクしないといけない息苦しい。
時間配分間違って診察時間に遅れそうになって途中小走りになったりと、なかなか散々なウォーキングでございました。

とはいえ、こんなご時世で町中出るのにウォーキングで、というのはなんとなく理にかなっているような気がしなくもないので、外に出る機会があれば、1時間程度ならなるべく歩いてみようかと思う今日この頃でございました。

ところで、冒頭で在宅メインって書きましたが、よりにもよって明日は出社日だったりするんですよね……。明日の通勤は歩くべきか否か。肉刺潰れそう。