毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

ホームタウンドルパに行ってきた

うちにいる子(ドール)はドルフィードリームというモデルなのですが、そのドルフィードリームを出しているボークスというメーカーさんが、8月1日に京都でホームタウンドルパというイベントを開催されるということで、ちょっと足を伸ばして行ってきました。

ちょっとお目当ての衣装があったので入場券買ってみたのですが、なかなかに渋い整理順を引いてしまい。「もう諦めてクーラーガンガンに効かせた自室でブラックモンブランでも食べて過ごすかな〜」という気持ちがなきにしもあらずでしたが、入場券代ドブに捨てるのもなんなので、ダメもとで電車に揺られて行ってみることに。

入場整理がしっかりしているおかげか、それなりにフィジカルディスタンスは確保できてる感じで。
ただ、入場時点で「新作ドルフィー4点は完売しております」のアナウンス。まあせやろな、と思う反面、それ目当てで来てる人もいただろうから、せめて通販の受注します、とかにできなかったのかなー、と若干もにょり。

会場の入り口では、その新作っ子たちが入場客をお出迎えしていたのですが、そらーまあ美しいですわね……。

中原淳一・スーパードルフィー Collaboration Collection

この美しい娘たちがお出迎え

美しいし可愛いですが、まだ沼に落ちたばかりの我が家には手が出ない可愛くないお値段グギギ。

f:id:Borom:20210801124458j:plain

浴衣姿も展示されてました

イベントはボークスオフィシャルショップとディーラーによる出店エリアに分かれていて、入場時はどちらか行きたい方を選ぶ方式になってました。この子達はディーラーゾーンでのお出迎えでした。
あまり理解していなかったのですが、この「ドルパ」っていうイベント自体、ボークス主催の展示即売会だったようで、オフィシャルだけのイベントじゃないということを現地でようやく理解。

僕は最初に書いた通り欲しい衣装があったのでショップゾーンに入ったのですが、かなり後の方の入場だったので、「こら無駄足だったかも?」と思いつつショップに入ったらば。

f:id:Borom:20210801120936j:plain

お目当てのこってたー。純白のドレス。
在庫数が僅かになってたものの、なんとか手に入れることができまして。なんかのタイミングでうちの子にも着せてやりたいなあという気持ちで購入。

会場では他にも催しが色々あって、射的だったりヨーヨーすくいだったりでドールグッズがもらえるコーナーも。ぼくもヨーヨーすくいに挑戦して、見事ドルフィーサイズのヨーヨーゲット。

f:id:Borom:20210801124314j:plain

人間サイズももらえるのがなんか可笑しかった

ディーラーさんも色々出展してるので、自分の子に似合う衣装なりアクセサリーなり探すのが、蚤の市を物色する感覚ですごい楽しかったです。炎天下なので移動はかなりしんどかったですががが。自分は夕方から別の予定あったのでほどほどに退散しましたが、閉会前には備後ゲームとかもあったようで。何もらえたんだろう。
できることなら、お目当てを中心に行動をちゃんと考えて、丸一日遊び倒すつもりで予定立てていくのがいいんだろな、と当たり前のことを思いながら京都を後にしたのでした。

あ、うちの子には、他にも普段使い用の帽子と靴を買いました。こういうの選ぶ楽しみ、なんでしょうね。似合いそうなのを見つけた時心躍るんですが、性別関係なく「可愛い子に可愛いものを着せたい」っていうのが願望としてあるんですかね。自分の欲求をど真ん中で満たしてくれる趣味だわ……。

f:id:Borom:20210801205943j:plain

今更だけどうちの子かわいいわ

なお、上に書いた中原淳一モデルのスーパードルフィー、明日から数量限定・抽選申込受付するらしいので、気になる方は申し込んでみては。なおお値段()

dollfie.ec.volks.co.jp