毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

パン教室に通っている話

先月くらいから、家人に連れられて、月一程度の頻度でパン教室に通っております。
マンションの一室を改装された小さい教室で、月に1、2回ほど。

f:id:Borom:20210725171946j:plain

こういうパンを作ってきました

普段しないことをやってみよう、みたいなノリで通っておるのですが、これがなかなか普段使わない脳みそを活用する感じで刺激になる。
自宅でパンなど焼いたこともなく、小麦粉にイーストとか砂糖とか入れる順番、位置なんてぜんっぜん知らないわけです。今まで生きていく中で、自分は必要としてなかった知識なわけですよ。
そういう「全く自分に関係のなかった知識」が必要になる状況って、意外と楽しいというか、説明されるがまま「なるほどーなるほどー」と頷くばかりでございます。

パン生地がベットベトになってうまくこねれず困っていると、講師の先生が横から手伝ってくれて、あっさり綺麗に丸まっていくのをみると、こういうのもある程度数重ねないといけないのじゃろなー。
先生のレシピがいいのかパンがめちゃうまなので、しばらく新しいものに触れる感覚で通えたら良いかなというところでございますです。

studio-nook.jimdofree.com