毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

Appleの地図がイケてない?なら地図を修正すればいいじゃない

スマホないと生きていけない現代人の中で、その中でもGoogle Maps使えないと死んじゃうって人、結構いるんじゃないでしょうか。

自分はApple大好きっこなので、わりとMac/iOS標準の地図アプリを使うことが多いです。

Apple純正の地図、リリースされた当初こそ「パチンコガンダム駅」なんて謎の駅が登場したりとそのクソっぷりが話題になってしまいましたが、あれから随分時間が経って、今では結構使いやすい地図アプリに成長しています。
特に、自分みたいなApple大好きっ子なら複数のAppleデバイスを使ってると思うんですが、iPhoneで検索した目的地をそのままApple Watchで表示、といったデバイス間の連携や、iOS標準のカレンダーで登録した地図情報を地図アプリで開くという具合でシームレスに連携してくれたりできて大変便利。よくも悪くもAppleのエコシステムから逃げられなくなるといった具合で。

とはいえ、やっぱ地図といえばGoogle Maps。
圧倒的なユーザー数の投稿で、掲載情報がいっぱいあります。Appleの地図で出てこない場所も、Google Mapsではあっさり出てくることも多い。
Google Mapsで出てくるあの場所、Appleの地図アプリにも出てきたら良いのに、てことが多々あります。

 

まあ、ないなら登録しましょうか。

Appleの地図も、Googleよろしくユーザーからの修正投稿に対応していて、申請後数日で反映されたりと結構レスポンスが早い印象です。

地図アプリで任意の場所を長押ししたらマーカーをドロップできるので、ウィンドウにある「見当たらない場所を追加」から、新しいスポットを追加することができます。

f:id:Borom:20210726232610j:image

情報が間違っている場合や、同じビルにテナントを追加したい場合なども、スポットのウィンドウに出てくるメニューからあれこれ位置情報の修正依頼をかけることができます。

f:id:Borom:20210726232927j:image

地図の修正依頼、受理されたら地図アプリにもちろん出てきますし、カレンダーアプリの位置候補にも出てくるようになるので、よく使う場所が登録されてない!と言う方は、少々手間ではありますが、自分で登録を申請してみてはいかがでしょうか。