毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

iPadのSmart Keyboard Folioが素敵デバイスだった

ちょっと前にiPad Airを買い直しました。
もともと持ってたのがあまり活用できていない iPad Air 2 で、活用できていない以上は買い換える必要もないはずだったのですが、つい。

現行の iPad には iPad Air 2 では使えない「Sidecar」って機能があって、iPad を Mac のサブモニタとして利用できるんですが、それを使えばここ最近在宅業務メインになっているので、サブモニタとして使えるなということで買い替えてしまいました。
サブモニタ用途なら外付けモニタそのものを買ったほうが明らかに安いのですが、iPad Air 2 が現行のiPad OSについていけないのか、ずいぶん動作面でもっさりするようになったため、思い切って買いなおそう、ということでポチー、と。

んで、使う使わない別にして、せっかくだから投資してしまえー、ということで、ついでにポチーしたのが、Apple純正のキーボードカバーことSmart Keyboard Folio。お値段19,800円。たっか!超たっか!

f:id:Borom:20201229182042j:image

似たタイプのキーボードカバー、ロジクールからも出てるんですが、せっかくだし信者として布施しようということで、奮発して純正を買ってしまいました。純正、いい響きですね。

キーストローク、文字を打つデバイスとしては全く問題なし。快適とは言わないけど、苦にもならないレベルで使えます。薄っぺらいわりにそれなりの打鍵感があるので、ちょっとした長文書くのにも苦労しません。

もちろんキーボードとしての使用感にも満足したんですけど、それ以上に関心したのが、キーボードとして接続するタイミング。iPadの背面に金属端子があって、そこにSmart Keyboard Folioの端子をマグネットでくっつけてセットする形になっています。

f:id:Borom:20201229183757j:image

ただ、カバーをつけただけではまだキー入力できない状態になっていません。iPadのスタンドとして使うための溝があるのですが、ここにiPadを立てた状態になって、やっとキーボードとして使用できる状態になってます。

f:id:Borom:20201229184251j:image

要は、iPadをパソコンのように使っている状態から、いきなりスタンドから外して以下写真のようにタブレット持ちしても、キーを押さえて持った時の誤入力が発生しない、ということ。この辺り、手動で接続切り替えるのかと思っていたので、ハードとOS両方開発してる会社だからできることだなあと感心しました。

f:id:Borom:20201229184710j:image

どれくらい買ってよかったかというと、こうして久々にブログ書きたくなるレベル。昨日のApple Musicの記事も、Macがあるのにわざわざ自宅でiPad使って書きました。というかこの記事は2本連続で書き溜めてました。なので久々に連日更新してます。良いデバイス、良いサービスは、人を行動させたくなるものである。書いててめっちゃ楽しいー。

さっきも書いた通り値段がちょっと張るところが最大の難点(しかもAppleってモデルチェンジで互換性廃すること多いから、書い直した時に次のデバイスで使える保証ないんだよねぇ)ではあるのですが、そこはさすがAppleということで、お金を出すだけの価値はあるなあ、ということで出費を自分の中で無理やり納得させております。

これ持ってスタバでドヤるぞー。

最新 Apple iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 256GB) - スカイブルー (第4世代)
 

iPad Air 4thのSmart Keyboard FolioはiPad Pro 11インチと共通なので購入する場合は要確認。