毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

CDTVのAqours出演が素晴らしかった

何度か書こうとしてやたら長くなって断念してるんですけど、ラブライブ!シリーズにめっちゃハマってるんです。
ラブライブ!シリーズが何かっていうと、「スクールアイドル」という、学生が部活でアイドルをやることが流行っている世界で、高校生の女の子たちが奮闘してスクールアイドルの甲子園「ラブライブ!」を目指すというアニメ*1で。

まあ言ってみれば美少女アニメなんだけど、自分全く最初なめてて、どうせ可愛い女の子たちがきゃっきゃうふふするような内容なんだろ〜って思ってあまり興味なかったんですよ。でも友人たちが何人かどハマりしてるので、Eテレで再放送やってたのを気に見てみたら、思ってたのと全然違う笑いあり涙ありの青春ドラマで一気にハマってしまって。今や声優ユニットのライブまで行って、アニメで泣いてライブで泣いてっていう状態にまでハマってます。

で、現行シリーズである「ラブライブ!サンシャイン!!」のスクールアイドルユニットAqoursが、CDTVにゲスト出演するっていうんでみてみたんですけど、これがもう「TBS超わかってんな!!」っていう紹介とパフォーマンスで最高だったんですよ。

 今回の放送でAqoursが披露したのは、アニメ2期12話、ラブライブ!決勝でAqoursが歌った「WATER BLUE NEW WORLD」だったんですが、TBSがなんか本気を出してきて。
アニメと同じようにカメラ切り替えたりしてて、ほんとアニメの追体験できるような映像に仕上がってて、スタッフの「できる限りカメラワーク・スイッチングをアニメとシンクロさせよう」って気持ちがひしひしと伝わってきたんですよ。パフォーマンス前にMCを担当していた安住アナがカメラさんとスイッチャーさんを紹介してましたが、TBS本当にいい仕事しました。またぜひ同じことやってほしい。

youtu.be

パフォーマンスもすごかったけれど、Aqoursの紹介コンテンツも偏見なしの内容になってて。テレビで声優ユニットが紹介される時って、いかにもオタクな人間のインタビューを取り上げたりすること多いじゃないですか。特にTBSは某日曜お昼の番組が悪評高いのですっごい不安だったんですけど、Aqoursのライブ会場で行われたファンへのインタビューが、親子連れだったりカップルだったり女の子ペアだったりもちろんオタクだったりのものを紹介してて「あ、満遍なく紹介してくれてる」って感じられて、そこもすごい嬉しかったです。

番組では「μ's(前作のスクールアイドルグループ)からAqoursがパフォーマンスを受け継いでいる」って紹介もされてたんですが、これもファンとしてグッとくるものでした。
前作の劇場版で、「スクールアイドルはこれからも広がっていく」ってセリフがあったんですけど、キャストの方も同じくμ'sからAqoursに受け継いでるんだなって感じてたので、テレビでAqoursだけのものじゃないってのをちゃんと紹介してくれたのもすごい「作品のことをちゃんと紹介しようとしてくれてる」ってのが伝わってくる内容になってました。

ファンにも初見の人にもちゃんと紹介しよう、Aqoursのパフォーマンスを視聴者に見てもらおうっていう内容で、テレビ局が本気出すとすげーわって思える内容でした。

*1:正確にはアニメ・ゲーム・漫画・ライブその他のメディアミックス作品