毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

はてなハイクの終了に寄せて

はてなハイクが本日11年の歴史に幕を下ろしまして。
非常に狭いSNSだったわけですが、開始当初から5年くらいははてなハイクの場でいろんな思い出を作らせていただきました。
とにかく、そこに人がいる、っていう感覚が楽しくて、当初はずっと入り浸っていました。 

当初はヘヴィユーザーであり、そこで色々友人と知り合った身としては、感慨深いというか、寂しいというか、黒歴史よさらばという感情が色々入り混じっていて、なんだかよくわからないというのが正直なところです。

大喜利キーワードではてなスターを大量に貰って大喜びしたり、最初のオフ会ではてな京都本社にお邪魔したり、ユーザーオフ会で夜行バス使って横浜まで遠征したり、いろんな人と出会ったり、別れたり、新しいことをはじめたり。

祖母が亡くなった時に、個人ページ内に独り言として書いたはずのエントリをうっかりパブリックなキーワードにポストした際は、多くの人から温かい言葉をいただき、泣きべそ書きながら「ありがとうはてなハイクのみんな」って思ったことが思い出されます。

はてなハイクにおけるぼくですが、悪ノリしすぎたせいで、一部の人には避けられたり嫌われたりもしていたようですし、揉め事を起こしたこともありましたが、まあそれも含めて若気のいたりってことで、どうかご容赦いただけましたら。
今の自分だったら様子見まくりながらサービス使うだろうから、あんな悪ふざけはもう二度とできないし、しようとも思わないですなぁ……。

はてな社的には、Twitterが流行りはじめていた当時に、その模倣・拡張をする形ではてなハイクを始めたと思うんですが、結果的に日本版Twitterにはなれなかったまでも、コアな人気で固定ユーザーを確保するに至ったという点では、一定の役割を果たしてくれたのかなぁと思ったりするわけです。
現在、はてブのブコメ評価システムとして機能しているはてなスターも、元々ははてなハイクの「いいね」代替システムとして実装されてますしね。はてなハイクがあったこそはてなスターがあるんですよ。ぼくははてなスターを見るたびに、そんなことを思い出すのでしょう。

おそらく、はてな社がこうしたSNSを提供することは、もう二度とないような気がしています。ただ、はてなハイクというサービスを11年以上も提供してくれたことは、ほんとすごいことだなあと思うし、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

はてなハイカーの皆様の今後のご健勝を心よりお祈りしております。

f:id:Borom:20190326153311j:plain

はてな本社

昨日、はてなハイク最後の「一人オフ」として、はてな本社の写真撮ってきました。
もう、こんな感じでインターネット企業を「聖地」扱いすることは、二度とないんだろうなぁ。

MacBook Proのキートップが壊れたので修理した

Vimっていうテキストエディタがあるんですけど、そのエディタって、非常に頻繁にescキーを使うんです。なので、だいたいVimmer(Vimユーザー)のキーボードは、escキーから壊れていくみたいなんですけれど。
自分も例外ではなく、つい先日まで、愛機MacBook Proから半分取れかかったescキーを使っていたんですよ。
でも流石にこのまま使い続けるのしんどいわー、と思って、先日の日曜日、重い腰をあげて、心斎橋Appleのジーニアスバーを予約して、キー交換をしてきました。

おいくら万円掛かるんじゃろうなー、と思っていたんですが、キートップだけの不良だと、なんと無料で交換してもらえるとのこと。ありがたい。
予約時間より30分以上待たされましたが、そんなの全然許せるわーって感じで、ルンルン気分で帰ってまいりました。
これがキートップでなく本体側のキーパーツだといきなりうん万円の修理に跳ね上がるらしいので、色々ほんとよかったわーって感じです。

というわけで、6年選手のMacBook Pro、ぼちぼち買い換えたい気持ちはあるものの、もうしばらく頑張ってもらおうと思います。6年前とはいえ、当時のフルスペックで組んだからねぇ、全く陳腐化感じさせない名機ですよこいつ。

ちなみに、最新MacBook Proのフルスペックを試算しましたらば、40万超えてしまった*1ので、三流エンジニアのわいには流石にぱっとは手が出ませんわー。

f:id:Borom:20180731002705j:plain

そういえば、大昔にインイヤーヘッドフォン(イヤフォン)のイヤーピースを紛失したときも、Appleに相談に行ったら無料で交換してもらえたので、基本Appleの方針として「細かい部品はタダ、ちょっとでも修理が要るなら有償」って割り切ってるんでしょうね。

最初町の修理屋に持ってこうと思ってたんですけど、余計なコスト払うところでした。危ない危ない。

*1:本当はストレージは妥協した。ストレージまでフルスペックだと70万を超えました。車買うわ。

CDTVのAqours出演が素晴らしかった

何度か書こうとしてやたら長くなって断念してるんですけど、ラブライブ!シリーズにめっちゃハマってるんです。
ラブライブ!シリーズが何かっていうと、「スクールアイドル」という、学生が部活でアイドルをやることが流行っている世界で、高校生の女の子たちが奮闘してスクールアイドルの甲子園「ラブライブ!」を目指すというアニメ*1で。

まあ言ってみれば美少女アニメなんだけど、自分全く最初なめてて、どうせ可愛い女の子たちがきゃっきゃうふふするような内容なんだろ〜って思ってあまり興味なかったんですよ。でも友人たちが何人かどハマりしてるので、Eテレで再放送やってたのを気に見てみたら、思ってたのと全然違う笑いあり涙ありの青春ドラマで一気にハマってしまって。今や声優ユニットのライブまで行って、アニメで泣いてライブで泣いてっていう状態にまでハマってます。

で、現行シリーズである「ラブライブ!サンシャイン!!」のスクールアイドルユニットAqoursが、CDTVにゲスト出演するっていうんでみてみたんですけど、これがもう「TBS超わかってんな!!」っていう紹介とパフォーマンスで最高だったんですよ。

*1:正確にはアニメ・ゲーム・漫画・ライブその他のメディアミックス作品

続きを読む

日常

なんだかんだいって、すでにはてブが騒然とした月曜日の空気から落ち着きはじめていて、「普通の話題」がホッテントリに上がりはじめてますね。
当たり前じゃん、って言われるの覚悟で言いますけど、日常って地続きになってるんだなぁ、って。

はてなが墓標になるなんて思ってはいないけど、昨日も書いた通り、誰かに起きた悲劇の舞台になったことは今後も忘れられないと思うんですよ。
でも、悲しいかな、いつまでもそのことだけを考えて生きていけるわけでもない。
ぼくはあくまで一方的に見知った第三者なので、悼むことはできても、それ以上何かができる訳ではないので。

これから少しずつ事件の全容が闇から引きずり出されることを願いつつ、ぼくはぼくの日常を取り戻していくんだな、そんな風に思いました。

きっかけは辛い出来事だったけれど、せっかくブログ書く気になったんだし、ちょっとの期間でも続けていけたらいいかな。

今日はこんくらいにしておきます。また日常だったり趣味のゲームだったりを書くブログに戻していきたいと思います。

公園

今回の事件で、自分でもびっくりするくらいショックを受けているんですけれど、その原因について、ついったで友人からヒントのようなものをいただけました。それは、今回の事件が、自分が日常的に使っている公園や通勤通学路で、一方的にだけど見知った人が事件にあい、その場所に献花がされ、それが常に目につくような状態になっている、というもの。

続きを読む