毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

2020年買ってよかったもの

アフィ記事書くぞー!

ということで、Twitterで「fav/RTされた数だけ買ってよかったものを書く」みたいなハッシュタグありましたが、そんなまどろっこしいこと抜きにして自分が書きたいだけ買ってよかったものを書きまくろうと思います。

新生活的なこと始めたのもあって色々買ったので、今年買ってよかったもののおさらいを。

色々いただきものもあるのですが、それは自分で買ってないのでまた機会あったら紹介します。

コードレス掃除機

夏に自分への誕生日プレゼント的に購入。

今までの掃除にはなんと無駄が多いことだったのであろうか、というくらい感動。

充電の手間こそあれど、コードをいちいち差し直す手間がなくなったことで、QOL爆上がりです。

一人暮らしこれから始めようというあなたも、最初にちょっと我慢して掃除機いいやつ買うことお勧めします。

現代人としてワイヤレスはマストだわ。

 

 

カフェばこ

シロカの全自動コーヒーメーカー。

正直いうと自分でドリップした方が美味しい気はするし気持ちも上がるんですが、ボタンひとつで勝手に豆からコーヒー入れてくれるのは結構ありがたい。

最初はタイマーで朝一コーヒー飲んでたんですが、寝起きにコーヒー飲むと血圧が上がらなくて体に悪いという記事を読み、最近タイマーセットは控え気味。トホホ。

 

ゲーム&ウォッチ スーパーマリオブラザーズ

スーパーマリオブラザーズ1&2が遊べる小型ゲーム機。

今フルカラーかつ手元でこれが遊べるんだぜーすげえ時代だなーと改めて。

このアイテムの真価はゲームではなく、実は時計としてだったりします。

作業机の脇に時計モードで常時置いておくと、煮詰まった時に目をそちらに向けたらマリオがちょこまか動いててちょっとした癒しを得られます。時計として買ってよかったー。

ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ

ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ

  • 発売日: 2020/11/13
  • メディア: Video Game
 


iPad Air & Smart Keyboard Folio

一昨日の記事を参照。特にSmart Keyboard Folioは1記事にできるくらい出来のいいものだった。

実は「投資」という名の下Apple Pencilも買ったんですがそちらは全然活用できてません。

絵描きクラスタじゃないしね。

 

リングフィットアドベンチャー

任天堂の直販で抽選販売に当たってゲットできました。

まだ希少なんでしょうか。流石に今は手に入るか?

噂通りなかなかの運動量。

もちろんジムのトレーニングマシンだったり街中ジョギングしたりに比べたらずいぶん劣るとは思います。

でも、お家の中で遊びながら・楽しみながら体を僅かにでも鍛えられるのはずいぶんいい買い物だったかと。

最近ちょっとサボり気味ですが、衝撃吸収用のマットも買ったのでちょっとずつ再開していきたい。

リングフィット アドベンチャー -Switch

リングフィット アドベンチャー -Switch

  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Video Game
 

2020のお買い物を振り返って

他にもnature remo mini とかスマブラとか家具とか色々買ってるんですが、はっきりと「買ってよかった」って言えるのは以上の感じかしら。

いや、nature remo mini もいい機械なんですけど、元々スマートリモコンは使っていたので、感動はそこまでなく。

今年買ったもので一番よかったものー、となると、今は珍しくもなんともないですがコードレス掃除機はほんと買ってよかった、という感じで。

広いお部屋とかに住んでたらルンバとかのロボット掃除機のありがたみもあるんでしょうけどね、うちは狭いので……。

まもなく2021年になりますが、来年はどんな物欲刺激するものが出て来るのでしょうか。

みなさまもどうぞ良いお年をお迎えください。

iPadのSmart Keyboard Folioが素敵デバイスだった

ちょっと前にiPad Airを買い直しました。
もともと持ってたのがあまり活用できていない iPad Air 2 で、活用できていない以上は買い換える必要もないはずだったのですが、つい。

現行の iPad には iPad Air 2 では使えない「Sidecar」って機能があって、iPad を Mac のサブモニタとして利用できるんですが、それを使えばここ最近在宅業務メインになっているので、サブモニタとして使えるなということで買い替えてしまいました。
サブモニタ用途なら外付けモニタそのものを買ったほうが明らかに安いのですが、iPad Air 2 が現行のiPad OSについていけないのか、ずいぶん動作面でもっさりするようになったため、思い切って買いなおそう、ということでポチー、と。

んで、使う使わない別にして、せっかくだから投資してしまえー、ということで、ついでにポチーしたのが、Apple純正のキーボードカバーことSmart Keyboard Folio。お値段19,800円。たっか!超たっか!

f:id:Borom:20201229182042j:image

似たタイプのキーボードカバー、ロジクールからも出てるんですが、せっかくだし信者として布施しようということで、奮発して純正を買ってしまいました。純正、いい響きですね。

キーストローク、文字を打つデバイスとしては全く問題なし。快適とは言わないけど、苦にもならないレベルで使えます。薄っぺらいわりにそれなりの打鍵感があるので、ちょっとした長文書くのにも苦労しません。

もちろんキーボードとしての使用感にも満足したんですけど、それ以上に関心したのが、キーボードとして接続するタイミング。iPadの背面に金属端子があって、そこにSmart Keyboard Folioの端子をマグネットでくっつけてセットする形になっています。

f:id:Borom:20201229183757j:image

ただ、カバーをつけただけではまだキー入力できない状態になっていません。iPadのスタンドとして使うための溝があるのですが、ここにiPadを立てた状態になって、やっとキーボードとして使用できる状態になってます。

f:id:Borom:20201229184251j:image

要は、iPadをパソコンのように使っている状態から、いきなりスタンドから外して以下写真のようにタブレット持ちしても、キーを押さえて持った時の誤入力が発生しない、ということ。この辺り、手動で接続切り替えるのかと思っていたので、ハードとOS両方開発してる会社だからできることだなあと感心しました。

f:id:Borom:20201229184710j:image

どれくらい買ってよかったかというと、こうして久々にブログ書きたくなるレベル。昨日のApple Musicの記事も、Macがあるのにわざわざ自宅でiPad使って書きました。というかこの記事は2本連続で書き溜めてました。なので久々に連日更新してます。良いデバイス、良いサービスは、人を行動させたくなるものである。書いててめっちゃ楽しいー。

さっきも書いた通り値段がちょっと張るところが最大の難点(しかもAppleってモデルチェンジで互換性廃すること多いから、書い直した時に次のデバイスで使える保証ないんだよねぇ)ではあるのですが、そこはさすがAppleということで、お金を出すだけの価値はあるなあ、ということで出費を自分の中で無理やり納得させております。

これ持ってスタバでドヤるぞー。

最新 Apple iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 256GB) - スカイブルー (第4世代)
 

iPad Air 4thのSmart Keyboard FolioはiPad Pro 11インチと共通なので購入する場合は要確認。

 



嗜好のコリをほぐす師走

今年の夏前くらいに、Apple Music をあらためて契約してみました。

サブスクの音楽サービス自体は、以前 Apple Music だったりAmazon  Music Unlimited だったりに入っていたので、復帰した格好にはなるのですが、Apple ユーザーな自分としては、手元のCDから取り込んだ音源をクラウドライブラリ経由で再生できるという点で、どうしても Apple に軍配をあげてしまう。
Spotify で同じ機能あったら乗り換えてもいいんですけどねぇ。2000年代に傾倒していたインディーズのエレポップとか、サブスク解禁されてない音源が多かったりで、やっぱ手元のライブラリ最強だなって思っちゃうわけです。となると手元のライブラリ+クラウド上のサブスク配信曲がまるっとひとつの音楽アプリ上で聴ける Apple Music が、敬虔な Apple信者のわたくしとしてはどうしても最適解になってしまうわけですな。

ともかくApple Musicに再加入してしばらく経過したわけなんですが、こちとらもう40目の前にもなろうという年齢なので、再生するプレイリストが「1990年代 邦楽 ベスト」だったりするんですよ。

‎Apple Musicの「1990年代 邦楽 ベスト」

当時を十代として過ごした自分からしたら、まさに黄金のプレイリストですよね。懐かしさだったりでつい「ああ、この頃の音楽やっぱ最高だわ、その代わり今の音楽全然わかんないもん」とか言っちゃうんですよ。

ただ、「今の音楽全然わかんないもん」っていう発言、よく考えてみれば、自分が学生の頃に親世代の人に言われてイヤだったものと全く同じ性質だということにも気づいてしまって。

当時めっちゃイヤだったんですよ、なんで俺の好きなものにいちいちケチつけるんだ、なんであんたらはこんないいものがわかんねえんだ、みたいな。
しまいには「わかってくれなくていい、ほっといてくれ」になるんですけれど。
今の音楽わからないていう考え方、要は好きでも嫌いでもなく無関心ってことなんだけれども、「新しいことを避けて既存のものだけで満足しよう」ってことなんだよなぁ、ということなんですよねぇ。

そんな嗜好のコリに気づいた私。歳のせいかも知れないけれど、手持ちのものだけで満足する歳の取り方するくらいなら、ミーハーでも新しいものにキュンキュンしまくる落ち着きのない歳の取り方をしたい。焦りというわけでもないのですが、せめて「わかんねえから避ける」じゃなくて「好き嫌いくらいはっきりさせよう」ということで、Apple Music の2020年トップ100を聴いてみることに。

‎Apple Musicの「2020年トップソング100:日本」

いや、ごめんなさい。2020年トップ100、結構「あ、これええやん」みたいな曲ありましたわ。と言いつつタイトルまでは覚えてないんだけど、YOASOBIとかsumikaとか好き。
流石に自分で新しい音楽掘り下げる余力がないことは認めざるを得ないんだけれども、こうしてサブスクサービス側から「これが今のトレンドだよー」みたいなのは提供してくれているので、その程度は来年以降もフォローして行けたらいいなぁ、というリハビリを開始する年の瀬でした。

人生で初めてカレーを作った

一人暮らしという生活形態になってから、もう15年くらいになるのですが、カレーなる料理を作ったことがございませんでした。
友人と一緒に、とか、小学校の調理実習で、とかならあるんですが、自分の昼飯晩飯として、自炊の名の下カレーを作ったことがこれまで全くなく。

というわけで、人生で初めて、自炊カレーを作ってみたのでございますよ。

人生初めてのビーフカレー

米は玄米です

カレーといえばビーフでしょうーってことで奮発してカレー用牛肉入れてみたんですけど、カレーに牛肉入れるのって関西圏だけの文化らしいですね。知らなかった。

ちょっと良い目のルー入れてみたり、Twitterで募った具材や隠し味入れたりして、初めてなりにうめえものをつくりてえっていう気持ちを持ちつつ、いざ調理に入ってしまえば適当にグッツグツ煮込んだだけの代物なんですが、これがまたべらぼうにうめえでやんの。いやまじで。お店カレーなんか全然ってくらい。

カレーって簡単、って割とよくいうじゃないですか。とはいえ美味しく作るのは大変でしょうーって先入観で手を出さなかったんですけど、ほんとに材料煮込むだけなのでめっちゃ簡単でした。1回作ったらうちの鍋でも5食分くらいは作れるのもありがたい。強いて難点をいえば、煮込むのに時間がかかるくらいか。その間も読書するなりスマホ見るなりで時間を楽しむ感じで過ごしてみたり。

あと何より隠し味考えるの楽しい。今回はTwitterで教えてもらった隠し味いろいろ入れてみましたが、インスタントコーヒー入れたり赤ワイン入れたりしつつ鍋をかき回すの、魔女になった気分でちょっと楽しかったです。

一応レシピ控えておいたけどもっかいつくれる気はあまりしません。
以下のツイートからレシピ辿れますので一応。自分のメモ用を兼ねて。

 

自家製ラムレーズンを漬けた

皆さん、サバイブしてますか?

ちょっと前のステイホーム奨励な期間、外に甘いもの食べにもいけねーやってんで、こちらのレシピを頼りに、自家製のラムレーズンをつけてみました。

macaro-ni.jp

何にも考えず、袋いっぱいのレーズンを処理して瓶に詰め、ラムをドボドボと流し込み……。

自家製ラムレーズン

思ったより大量になってしまった

そこそこの量作るつもりが、気がついたらもりもりの量をつけていました。

自家製ラムレーズン、最高ですよ。お店のラムレーズンアイスって程々のラムレーズンが練り込まれてる感じですけど、自宅で漬ければモリモリ掛け放題。フレンチトーストでもパンケーキでも、添えたアイスにいくらでもラムレーズン掛け放題。これは強い。

フレンチトーストにバニラアイスとラムレーズンを添えて

いくら掛けても許される

ラムレーズン好きなのでいつかは自家製するぞーと意気込んでましたが、思ってた以上に簡単だったので、みんなも漬ければいいんじゃないかなと思いました。お酒入ってるから運転前に食べちゃいけないぞ!