毎日がひとりオフ

当たり障りのない日常

Apple Watchを壊した

今朝、家をでるときにWatch忘れたなーと思って、取りに帰ったんですよ。
そんで、マンションの外に出て、歩きながら腕にはめようとしたときに、するっと腕からおちて、アスファルトの上にガシャっ。

恐る恐る持ち上げてみると……。

f:id:Borom:20171211113338j:plain

おーのー。

ION-X強化ガラスを使っている初代Apple Watch Sport、つまり一番最初のモデルの一番安いやつなので、なんかの拍子にぶつけたらこうなるやろなー、なんて予測していたことが現実に。

電源自体は問題なく使えるし、タッチも問題なく反応します。しかしながら、割れた隙間から基盤がみえちゃっています。雨でも降ろうものなら一発アウトですね。なにより指を怪我しそうです。

このまんまじゃ当然つかえませんので、修理料金を調べてみたら、20,000円以上するんですよ。これが最新のSeries3だったら、迷わず修理を選択していたところなんですが。あいにく、Series2発売前の値下げにあわせて購入した、初代モデルのApple Watch Sportなので、ちょっと修理はためらってしまう感じです。とはいえ、2年経たずして壊れてしまうのはショックでしかないのですが。

そんでもって買い直すかどうかなんですが、せっかく買い直すなら、頑丈なサファイアクリスタルを使ったものがいいなぁとも思ったのですが、どうもSeries3でサファイアクリスタルを採用しているのは、GPS + Cellular モデル、ケータイキャリアと契約して使うモデルのみのよう。ケータイキャリアは docomo、au、Softbank でしか使えないようで。自分は現在IIJmio (MVNO) を利用しているので、CellularモデルのWatchは使えません。ということで、この選択肢もなしに。

正直、今の生活にプラスアルファでの快適さはもたらしてくれていたものの、必須かと言われるとなんとも微妙なところ。今年後半お金使いすぎてるのもあるので、一旦修理も買い直しも見送りかなーって思っています。

実際何に使っていたのかって考えたら、ここ最近はもっぱらメールや電話・LINEなどの着信通知確認と、Twitter・Instagramでリプがついたときや特定ユーザーの新着エントリ確認くらいにしかつかってなかったんですよね。もっとも、その用途だけでも買ってよかったって思えるレベルで便利さは享受しておるんですが。

当初は、通勤中にウォッチでニュースのヘッドラインをチェックして、それをPocketに送信して、あとでパソコンでまとめて読む、みたいなこと考えてたんですが。実際のところ、移動中はずっとiPhoneとにらめっこしてますし、ウォッチのRSSリーダーは存外に遅いしで、最終的に通知受ける専用端末になってしまってました。その通知受けるってところが、前述した通り、もっともぼくが活用していた機能になったわけですが。

若干不便になるなぁ。Series 4が出る頃までに再購入を考えますかね。