読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がひとりオフ

ネットの話題とITと音楽。

Apple新製品、雑感

こんにちは、@noboruです。発表会時は寝てました。

iPhone 6 と iPhone 6 plus、Apple Watchが発表になりました。

f:id:Borom:20140910215730j:plain

発表会では寝てたので、ネットのニュースで見た情報を元に感じたことを書きなぐってみます。

iPhone 6 / iPhone 6 Plus

WWDCのころから「そろそろ出るぞー」と言われ続けていたiPhone6。

事前の予想どおり、通常サイズのiPhone6と、液晶サイズの大きいiPhone6 Plusの二機種が発表になりました。

性能

5sユーザーの自分には、さほど目立つ変化はありませんでした。 特にこれと言った感想はないですね……。

プロセッサがA8+M8に進化していますが、これはまあ予想の範囲。 普通にプロセッサは強化させてきますわよね。

あと、32GBモデルが今回からなしに、128GBモデルの追加となっております。 動画とか撮りまくる人にはうれしい変更でしょうか。

カメラ

今回も8メガピクセルなので、素子に変化はない模様。

大きな変化といえばタイムラプス撮影が可能になったことでしょうけれども、iPhoneで出たHyperlapseっていうアプリが流行っているこのタイミングだと、いまいちぱっとしない機能でございます。

f2.2と若干明るくなったので、5sよりは明るい写真が撮れるようになるのかな。

デザイン

これがもう圧倒的に退化したといいましょうか。 Appleのロゴを外して「最新のNexusです」って言われても、ぼくは信じちゃうレベルです。 いや、Nexusをdisってるわけじゃないんですが、少なくとも「デザインはアップルが優れている」っていうのが微塵も感じられないフォルム。

薄型になったのは歓迎なのですが、その薄さを確保するせいで、より普通の機械っぽくなっちゃいました。各パーツごとを接合している箇所の「溝」が、今までのiPhoneシリーズで一番目立つ作りになってます。

f:id:Borom:20140910215750j:plain

本体を薄型にするあまり、カメラレンズ部分が突出したデザインになったのも誠に遺憾。

フラットでソリッドなiPhoneは一体どこへ行ったのでしょうか。

あと薄いから軽くなってるかと思いきや、重くなっているっていう。バッテリーの分でしょうかしら。

Plusのサイズについて

いろんな人が紙だったり1万円札だったりでPlusのサイズを確認してますね。会社の人がこれと同じのを紙でつくってたので、ぼくも握りしめてみました。

これがまーでかいんですわ。 間違いなく片手では落っことしそうになるサイズ。 それどころか、通常サイズのiPhone6もなかなかの大きさ。 多くの人は、これにケースだったりジャケットだったりをかぶせるとおもうので、さらにもう一回り大きいことが予想されます。

iPhone5でも結構大きいので、画面の上の方はタップしづらいのですが、Plusは絶対に片手オペレーションは無理だなあと感じましたです。

iPhone6 / iPhone6 Plusの感想

5Sに変えたのが昨年末だったせいもあって、特に欲しいとは思わないというのが正直なところ。

画面サイズが大きくなると作業領域が広くなる、は事実ですが、その分操作領域も増えるわけで、片手で確実にホールド出来るサイズを維持して欲しかったなぁ。

Apple が「ユーザーの期待するもの」をリリースしてきた結論がこの iPhone6 / iPhone6 Plus だと思うのですが、もっと「ユーザーの期待を良い意味で裏切るもの」をリリースするメーカーであって欲しかったなぁ、というのが、 iPhone6 関連のニュースを見た感想でした。

Apple Watch

ずいぶん長いこと開発が噂され、今回ようやく発表されたApple Watch。長いこと作ってる噂が立っていたせいで、ニュース見ても「ああ、やっぱり出るんだ」くらいの感覚ですわ……。

f:id:Borom:20140910220011p:plain

機能

こちらも大方の予想どおり、活動量計としての機能が豊富です。 心拍数計だったり、ジャイロセンサーによる歩数計だったり。 NIKE Fuel Bandがいらなくなりますね。

ぼく活動量計機能をあまり必要としていないので、ここには全く魅力を感じないのですが……。 フィットネス機能と連動するソシャゲとか出てきたら面白いかもなぁ。 Ingressも流行ってることですし、リアル拡張ゲームの可能性は出てきそう。

でもこれiPhoneだけでも出来るからなー……。

デザイン

シンプルなんですが、時計という形状にとらわれすぎたデザインかと思いました。

竜頭(クラウン)を用いる操作とか必要だったかなー。 ホームボタンのようなものを用意しておいて、それを押してからWatch上でタッチオペレーション、で良かったんじゃなかろうか。

懸念点

もう散々言われてますが、バッテリーの問題が超絶不安です。

Apple WatchとiPhoneをリンクさせていた場合の消費電力、はたしていかほどなのでしょうか。 普通にネットを見てるだけでもiPhoneのバッテリーはガンガン減って行くわけですが、常時Apple WatchとiPhoneが接続状態だと、一日使うに耐えないバッテリー消耗になったりしないのでしょうか。

せめてまる一日くらい使える程度はバッテリーが保って欲しいんですけどねぇ。

まとめ

iPhoneと対になるデバイスのようですが、iPhone6 Plusユーザーはアリかもですね。画面サイズの大きいiPhoneをカバンの中に突っ込んでおいても、メールの確認だったり電話の応答だったりができるのはよいのではないでしょうか。

サードパーティのアプリでTwitterやLINEの受信通知なんかも対応してくれると、iPhone取り出さなくても情報確認くらいはできるようになるなあ。

全体まとめ

いろいろ思うところはありますが、Apple ももう普通のメーカーになっちゃったんだなぁ、と。

iPhoneの変更が散々予想されたりリークされてきた中で、その通りのものを出してくることが連発されているので、「もう普通のものしか出せない」んだなと寂しく感じました。

年末に来ると噂されている時期iPadにサプライズを期待したいところなのですが、果たして。

あ、Macユーザーに限っての話になりますが、iOS8 と OS X 10.10 Yosemiteのシームレスな連携はかなり魅力的なので、OSのバージョンアップにあわせて買い替え、というのは選択肢としてアリです。 iPhoneに掛かってきた電話をMacで受けるとか、iPhoneで書いていたSMSの続きをMacで書くとか、そういうのがスルっとできるようになるのはなかなか魅力ですぞ。