読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がひとりオフ

ネットの話題とITと音楽。

FluidでGmailや艦これをMacのアプリに変えてしまう

こんにちは、@noboruです。提督業再開しました。

最近、Fluidというアプリを知りました。

f:id:Borom:20140907140301j:plain

Fluid - Turn Your Favorite Web Apps into Real Mac Apps.

これは、特定のWebページを、専用のアプリケーションとして生成出来るアプリケーションです。 これを使えば、以下のスクリーンショットのように、Webページを開く際に、余計なユーザーインターフェイスをすべて排することが可能です。

f:id:Borom:20140907140215j:plain

すっきりしてますね。

Windowsでは、これと同じ機能がChromeで既に実現されています。

WindowsのChromeには「アプリケーションショートカットの作成」という機能があります。 これは、デスクトップなどにURLへのショートカットを作成し、それを開くと、ツールバー等を排除した、Webページのみのシンプルなウィンドウが作成されるという機能です。

昔はMacのChromeにも実装予定だったらしく、Chromeのメニュー内にグレーアウト状態の項目があったのですが、どうやら制約上難しかったらしく、現在はメニューから完全に削除されています。

このアプリケーションショートカット、Windowsだと重宝してるので、Macでも使えないものかなーと思っていましたらば、それを実現するのがこのFluidでした。

使い方は簡単。

Fluidを起動すると、URLと名称を聴かれるので、入力し、Createボタンをおすだけ。

f:id:Borom:20140907140407j:plain

完了すると、Successとメッセージが表示されます。

f:id:Borom:20140907140451j:plain

するとこんな感じで、デフォルトでは /Application ディレクトリ内に、指定した名前.app のアプリケーションが作成されます。

f:id:Borom:20140907140555j:plain

これを起動すると、描画領域のみのブラウザ起動し、設定したWebページを開いてくれます。

f:id:Borom:20140907140618j:plain

f:id:Borom:20140907141117j:plain

環境設定を開くと、ホームページの設定などがありました。 あくまでWebkit2エンジンを使った、インターフェイスが最低限のブラウザ、となるようですね。

f:id:Borom:20140907141258j:plain

Cookieなどの情報はSafariと共有しているようです。 SafariでログインしたWebページは、そのままFluidで生成したアプリ上でもセッションが保持されていました。

ちなみに、$4.99を払えば、フルスクリーンモードだったり、Safariとは独立したCookie領域を利用出来るようになります。

f:id:Borom:20140907141053j:plain

単独のアプリとして起動すると、Safariを終了させても、うっかり開いておきたかったページを閉じてしまうといったことが少なくなります。

ちなみにこのページを書いているはてなブログのページも、Fluidでアプリケーション化して書いています。

f:id:Borom:20140907141531j:plain

もちろんFacebookやTwitterその他のWebサービスにも使えます。

よく使うWebサービスが多いという方は、利用されてみては如何でしょうか。