読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がひとりオフ

ネットの話題とITと音楽。

Office 2007 以降のリボンメニューを非表示にする方法

Office 2007 以降で採用されたリボンメニュー。
使いやすい、わかりやすいという評判もあれば、UI変えすぎわかりづらいなんて不満の声もあったり。
どちらにせよ、2007→2010で変更されなかった以上、リボンUIはもう撤廃されることはなさそうです。

さて、このリボンメニュー。
凶悪なサイズのディスプレイを使っている方ならともかく、小型ノートパソコンや15インチモニタなんかを使っていると、メニューが領域を食いつぶしちゃって非常に使いづらいということがあります。
が、このリボンメニュー、タブだけ表示して、通常時は非表示にすることが可能だったりします。

リボンメニューのタブ部分にカーソルをあわせて、ダブルクリック。
f:id:Borom:20120921230240p:plain

ほら、こんなふうにメニューがタブだけの表示に。
f:id:Borom:20120921230439p:plain

項目は各タブをクリックすると展開されます。

会社支給のモニタが小さい方や、Word / Excel の画面が見づらい、少しでも広く使いたい、という方は覚えておくと多少便利かもしれません。

おわり。