読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がひとりオフ

ネットの話題とITと音楽。

承認欲求を満たすために

ぼくの会社のグループウェアには、社内の人間が閲覧できる、ブログ機能が搭載されています。
ブログといってもはてなブログWordPressのように高機能なものではなく、ちょっとしたテキストと添付ファイルが載せられるだけのもの、なのですが。
ちょっと前までは目立たない箇所にあったので、自分の関わっている技術ブログでも書いてやろうと思って細々書いていたのですが、つい最近改修が行われて、全員のブログが目立つところに移動してうろたえるうろたえる。
しかも、フリーにブログを書いているのがぼくだけだったので、なおさら恥ずかしい。
それこそはじめっから、はてなブログのようなオープンな場所で記事を書いていくべきだったなぁ、などと……。

アーカイブであり、自己満足である

で、前述の社内ブログにいろいろ書いている*1わけですが、自分以外の人は業務連絡以外で記事を書こうとすらしないのです。
確認こそしていませんが、ブログを書く時間をほかのことに充てていらっしゃるのでしょうか。
そもそも、社内ブログなんて書くもんじゃない、のでしょうか。
ぼくが自称ブロガーだから、気軽に発信し過ぎなのでしょうか。
もっと発信に抵抗を持つべきなのでしょうか。
そんな疑問を払うように、キーボードに指を叩き付けています。

そもそも自分の書いている文章は、誰かの役にたっているのだろうか。
以前も書きましたが、

「Boromさんの記事を読んで、問題が解決しました!ありがとう!」
はてなダイアリーにごくまれ頻度でブログ記事を書いていたころに何度かありました。
やっぱり、そういうメッセージをもらうとすごくうれしいものです。

「ここはこうなんじゃないの?」
そんな指摘を受けたときは、事実・前後関係を確認し、非があれば改めねばと思うものです。
そこに自己成長を感じられれば、文章を書いてよかったとやはりうれしく感じます。

誰かと言う名の「あなた」を感じたい

自分のために書いているはずのブログが、やっぱりだれかの目に留まるとうれしい。
そしてそのリアクションを表明してもらえるとうれしい。
反応が欲しいためにブログを書いているわけじゃないのですが、やっぱり反応があるとうれしいのです。

Webに文章を放り込むということは、巨大なライブラリに自分の思考をほんの少しだけ書き加えることだと考えています。
ジョークでもいい、テクニカル情報でもいい、文化考察でもいい。
たまたま、その巨大なライブラリの中で、誰かの目にとまり、それを見た人が何らかのアクションを起こす。
その「誰かのアクション」というのが、無償でWebに文章を垂れ流す対価であるのかな、と思います。

ただ、その「誰か」が特定されてくると生まれる弊害もあると最近感じているのですが。
それについては、また次回*2

*1:と言いつつほとんど更新していない

*2:ごめんなさい、今回は時間が時間なので推敲もほとんどしてません……