読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がひとりオフ

ネットの話題とITと音楽。

映画「ぼくの伯父さん」

「好き」や「好み」を広く人に伝えていたら、自分の好みだけどフォローしていなかったものを教えてもらうことがあります。
Twitter で友人に本を勧めたら、逆に「これオススメですよ」と言われたのが、「ぼくの伯父さん」という映画。
少し、いや、かなりドジな主人公、ユロ伯父さんが、ひょうひょうと日常を送る様子を描いたコメディです。

ぼくの伯父さん [DVD]
ぼくの伯父さん [DVD]
posted with amazlet at 12.06.26
角川書店 (2004-02-27)
売り上げランキング: 69187

すぐドジをする、行動がすぐ裏目にでる、仕事をすれば失敗ばかり。
でもなぜか憎めない。
派手さはないけど、とにかくゆるゆるした映画でした。
まるで、ユロ伯父さんの生活をのぞき見るような。

特筆すべきは、なんと言っても画のうつくしさ。
石畳の町並みや、おもちゃのような作りのアパート。
アートワークにワクワクしながら、のんびり編める映画でした。
ユロの妹夫婦が住む家も、これまたとにかくカッコイイのです。
こじゃれた家具だなと思って調べてみれば、イームズのソファだったり。
とにかくセンスがいい。

時代を経ているからこそのよさといいますか。
ぼーっと眺めるだけでいい、そんなおだやかな映画でした。