読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がひとりオフ

ネットの話題とITと音楽。

Safariのリーディングリスト+iCloud同期が便利過ぎて生きていくのが辛い

iPhone4SとiCloudのリリースでメモの同期が便利だのフォトストリームの写真取り込みが楽しすぎてモテるだのみんな騒いでますが、ぼくにとっていちばんの改善はほとんど誰も口にされてなくて非常にさみしい限りです。
ぼくにとって一番最強の機能が、iOS5+iCloudによって稼働したんですよ。
姉さん事件です。

MobileMeで放置された機能

メモのデバイス間同期なんてMobileMeでできたことなんで今さら騒がねえですよ。
むしろApple様にお布施しつづけたわれわれ教団員をプゲラされてるみたいでわたくしご立腹です。
そんなことどうでもよくて、Safari5.1で追加されたのにiPhoneとMobileMeでなかなか対応しなかった「リーディングリスト」のほうがぼくは関心が強いのです。
はやくなんとかしてくれよスティーブ猊下とか思ってたら天に召されたりしておいおい置いてぼりかよなーんてことを思ってたらようやくiOS5とiCloudで完全な形に実装されてウヒヒなわけです。

リーディングリストとは何か

リーディングリストってのは、前述のとおりSafari5.1で追加された「あとで読みたいWebページ」を記録しておくサービスです。
ブックマーク未満、と言えばいいんでしょうか。
RSSリーダーとかはてブとかTwitterで「気になるリンクだけど、今は読む時間がない、かといってわざわざブックマークするのも……」なんてときありますよね。
その機能がブラウザにネイティブで搭載され、かつクラウド経由での同期に対応したという大変ありがたいものでございます。

これまでと違う点

いままでだったらInstapaperやRead It LaterといったWebサービスへ登録や、はてブなどのSBMに「あとで読む」とタグ付けしていたわけなのですが。
この方法には決定的な弱点があって、ブラウザにその機能が組み込まれていないのです。
なのでいちいちポップアップで開くウインドウからページを開いたり、iPhoneやiPad専用クライアントで閲覧することになってました。よね。
はっきり言って手間……。
リンク先開く前に「あとで読む」したいんです。
RILやはてブだとページ開いてからアクションになるので若干手間なのですね。
Safariからだと、Mac/WinならShift押しながらクリック、iOSならリンク長押しでリーディングリストに追加可能。
RSSリーダーのリンクもガシガシ追加できます。
これは便利。

願わくば

完全なる「あとで読む」として実装されたリーディングリストでございますが不満がない訳でもございません。
今のところ以下のような不満がございましてございます。

同期のタイミング

なんかiCloudとの同期とリーディングリスト(というかブックマーク)への追加タイミングがバッティングしてしまうと、エラーになるときがまれにあります。
嘘です、まれじゃなくて頻繁にあります。
このあたりは同期ロジックを少しいじって、いったん同期してから再同期するなり改善して欲しいところでございます。
さっきRSSリーダーのリンクガシガシとか書きましたが、ほんとにガシガシやるとすぐエラーになります。
これは要改善。毎回数秒とはいえ同期済むの待たされるのはちょっとねぇ。

外部アプリとの連携

AppleはAPIを開発者向けに公開しているのかわかりませんが、TwitterクライアントやRSSリーダーアプリから直接リーディングリストに追加できるものが見当たりません。
ので、iPhoneやiPadからリーディングリストに追加するときは、わざわざいったんSafariで開いてから手動で「リーディングリストへ追加」をしております。
せめてTwitterは組み込んじゃったんだから、クライアントにリーディングリスト機能を実装していただきたいところですね。
結局RILとかEvernoteかませることになるので、こちらはぜひとも開発者のみなさまよろしくお願いいたします。

とはいえ便利なリーディングリスト

Macユーザー、周りがみんなChrome使いでちくしょう忠誠心のない奴らめとかうそぶきたいところでございますが、ぼくはこのリーディングリスト対応でますますSafariから逃れられなくなりました。
ほらそこの紳士淑女もさっさとSafariに乗り換えなさいよ。ほら。ほらほら。