読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日がひとりオフ

ネットの話題とITと音楽。

はてなハイク2009横浜オフに行ってきた

去る2009年4月29日、なぜかはてなハイクで「id:Boromさんは今年も参加するんだよね?」というお声掛けをもらったので、はてなハイク2009横浜オフに参加させていただいた(h:keyword:2009横浜オフ)。
もともとは横浜までバスにて直行する予定だったのだけれども、直行バスが取られなくて、東京経由の横浜行きに。
今回は日帰りで地獄の夜行バス旅行。
ただもう我ながら夜行バスになれた自分に驚いたというか、往復きっちり睡眠。
とりあえず、バス旅行初めての人は、アイマスク・ネックピロー・耳栓は絶対携行すべき。
バスを降りたときの疲労度がぜんぜん違います。

零次会、gz先生と朝食


はてなハイクに「東京ついた」という報告をしたところ、gz先生ことgz2007氏から「一緒に朝ご飯でもどう?」というお声掛け。
実は、スタコメがケータイに転送されてきたとき、お誘いの主が本当はだれなのかわからなかった。
docomoにはてなメッセージを転送しても、from欄が破棄されて、送信元のメールアドレスもしくはアドレス帳の登録名になってしまうからだ。
まさかこんなところでケータイガラパゴスの罠に引っかかってしまうとは。
gz先生に連絡先を教えてもらい、なんとかコンタクトに成功、東京駅のサンマルクでチョコクロ食べつつつもる話など。
gz先生、そのあと一緒に横浜へ向かうのかと思いきや、なんと一旦帰って二次会から合流するとかなんとか。
わざわざ朝飯におつきあいありがとうございました。

一次会、開港博Y150


地下鉄馬車道駅に先まわりして、昨年一人で横浜を歩き回った際に行ったネタを再び実施。
とかやってる間に時間なので馬車道戻り、皆と合流。
一次会、現在みなとみらい周辺にて開催中の、開港博Y150へ。

動く蜘蛛ロボット


いや、なんというか。
会場の外から見たときは動いていてすげー!と思ったんですが。
ぼくらが中入った時点で動作が終わってました。

岩井俊二プロデュース、北村龍平監督アニメーション「BATON」

岩井俊二脚本、北村龍平監督のアニメ作品を見てきたんだけれども、みんなそろってしょっぱい顔。
映像自体は確かにがんばってるなーという感じなんだけど、いかんせん中途半端なところで終わってしまった。
聞くと、全部で何回かに話が分かれているらしく、そのうちの第一話が今回の上映だったとか。
なんかねぇ、テレビのバラエティなんかでよくある、「このあと、○○さんが激怒!」つってCM入って、CMあけたら次回予告のみだったていう、そんな感じ。
横浜に、入場料2,400円払ってあと数回見に来いってか?そんなばかな。

スーパーハイビジョンシアター

大画面で、ハイビジョンの16倍の高画質を持ったスーパーハイビジョンの映像を鑑賞できるブース。
これが人気で、およそ1時間ほど待つ羽目に。
退屈を堪えて、念願のスーパーハイビジョンシアターを鑑賞。
感想は一言、「でっていう」。
映像の画質は、間違いなく世界最高峰の美しさ。
なのだけれども、映像の中身が退屈すぎ。
未来へ残したい映像、というコンセプトらしいけれど、断片的なシーンを数珠つなぎにしてるだけで、結局何がいいたいのかわからない。
長時間並んで見せられたのは、ビクターのPR映像ってのはどーなのよ。
ハードがよくてソフトがさっぱりだったという感じ。

開港博の感想

なんというか、全体的にはずしてるなー、と。
中途半端なところで終わるアニメや、企業のプロモーションを、2,400円払って見せられた、というたいそうネガティブな感想を持ってしまった。
みなとみらい周辺会場しか見ていないのだけれども、それこそ会期通して3,000円か、無料にしてグッズ・フードで元を取るとかでいいんじゃないかなぁ。

二次会・カラオケ大会

開港博会場を後にした一行は、カラオケボックスで二次会へ。
……すんません私用電話でほとんど席外してました。
退室直前に戻ったんだけど、どうやら「一番おすすめのキーワード」的なお話で盛り上がっていらっしゃったご様子。

アルコールが入ってバカ騒ぎの三次会

オフの締めは、いつも通り、酒を交えたバカ騒ぎ。
neji_shiki氏に「萌SD(もえすでぃー)」なるものをいただいてしまった。
その萌SD、パッケージ以外は至ってふつうのmicroSD。
今この文章書いているポメラ用に使わせていただいております。ありがとう、まじありがとう。

たぶん今回のは「オフ」じゃない

宴はまだ続いているけれども、ぼくは大阪にバスで帰らないといけない。戦線を離脱して、ひとり寂しく東京駅からバスを待つことに……と思ったら、なんとneji_shiki氏がわざわざ見送りに来てくれた。
もう君は俺のマブダチだよ。拒否されても認定しちゃうよ。
というか、彼はなぜかBoromに会ってみたかったそうな。なんでやろね。
そういっていただけるのはありがたいことで。

今回、オフ会初参加な方が数名いらっしゃったけど、ほかの人は関東組でちょこちょこ顔を合わせている感じの方々ばかり。
たぶんはてなハイクのオフ会っていう体裁を無理に取らなくても、気兼ねなく集まっているんだろうねぇ。

また来年の横浜オフも、開催されるのであれば是非参加させていただきたく。
もうオフの体裁じゃなくてもいいや、来年も誰か一緒に遊びましょう。