毎日がひとりオフ

ネットの話題とITと音楽。

長い一日

6:00

起床。
一瞬ぼんやりしていたが、すぐさま昨日のこと、今日の予定を思い出す。
自分でもびっくりするくらい現実を受け入れている。
あと二日、乗り切らないとな。

7:10

出発。
通夜・葬儀の準備のため、というのはなかなか気が重い。
昨日の祖母の姿を思い出して泣きそうになる。
出来れば今日・明日は涙を流さず過ごしたい。

08:25

祖母の家に到着。
叔父と叔母に挨拶。
叔父が家具の片付け。

08:55

写真屋が到着。
叔母が応対。

09:15

葬儀屋着。
祭壇設営。
ベッドを解体。

10:05

設営完了。
葬儀屋一旦引き上げ。

10:45

花屋到着。
花を設置。

11:15

いとこの姉着。
弁当を食らう。

12:00

写真屋着。
ほんのり加工されているらしい。
まさにPhotoshopてか。

12:35

いとこと叔母一時帰宅。
ひとりになる。
いや祖母と二人か。

いとこと叔母が棺に入れるものの相談をしていた。
あれが好きだった、何をいつももっていた、云々。
当たり前だが、すべて過去形。
だった、なんて言うなよ。寂しすぎる。

13:08

祖母に声を掛けてみる。
返事がない。
もう悪態もつきやしない。
生きてる間に孫の顔見せる約束はどうすりゃいいのよ。
あとは静かに葬儀を待つだけとは。
明日には骨と灰になるのか。

14:10

従兄姉妹着。

14:35

いとこに留守を任せて外に出る。

15:50

母と遭遇。
風呂屋にでも行け言われたので風呂屋に。

16:50

風呂屋を出る。
母に電話。
戻って来いと言うが兄がいるらしいので拒否。

17:30

祖母宅に戻る。
兄・いとこはおらず。
母が寝ていたので叩き起こす。
今夜と初七日の話になる。
今夜は僕が寝ずの番。

17:40

親父着。

17:55

兄着。

18:10

スーツに着替え。

18:20

いとこ着。

18:45

葬儀屋と祖母の属していた宗教の関係者着。

19:00

通夜開始。
例の宗教家、祖母の名前を度忘れする。
憤っていたのは僕だけだと思うが、許せない。

20:00

通夜終了。
さっきの一件が頭にきたので外に出て火照りを覚ます。

20:40

祖母宅に戻る。
皆と食事。

21:30

母・父・兄帰宅。

21:50

叔父帰宅。

22:30

いとこの彼氏がくる。
叔母と初対面らしく、ガチガチで会話しているのが滑稽だった。
がんばれワカゾー。

この会話の場で、うちの兄貴が入籍していた衝撃の事実発覚。

23:30

いとこの彼氏帰宅。

00:35

いとこ・叔母帰宅。
祖母と二人きりになる。


いまここ。
昼間までに比べてだいぶ気持ちも落ち着いた。
案外あっさり受け入れられたのは、昨日受けた医師の説明が原因だろう。
兄貴が通夜の最中に感極まってないていたが、自分は涙を流すことなく。
……とか書いていると少し涙腺が刺激されそうになるが。


13時間後にはほんとにさよなら、か。